【看護師転職】転職理由は前向きに | 看護師の求人転職サポート お仕事委員会

転職理由は前向きに

転職理由、伝え方ひとつで心証が変わります

面接で、転職したい理由はよく聞かれる項目です。

転職理由は、人間関係・待遇・残業面などの問題が大半だと思いますが、面接で転職理由を話す場合はそこだけクローズUPしてお話しされるのはあまり好ましくありません。

退職に至るまでには、様々なことを試みたと思います。例えば、「せっかく就いた仕事だからもう少し我慢して働いた」「看護師としてのスキルや経験がある程度身につくまでは頑張った」また、「上司や周りに相談したり、職場の環境や人間関係の改善に取り組んだ」こともあると思います。転職理由の根幹は変わらないにしても、退職までのプロセスは必ずあったはずです。

そういう点を伝えずに、単に人間関係・残業・待遇面だけを転職理由で伝えるのはとてももったいないです。 転職理由を問われた時には、伝え方ひとつで面接官の心証が変わります。同じ事を伝えるにしても言葉一つで受け取る側の解釈が変わるということを覚えておきましょう。

転職理由は、前向きな内容にしましょう!

転職の理由がネガティブな理由だけだと、面接官の印象はあまりいいものにはなりませんし、「また同じような理由で辞められてしまうのでは?」と思われる可能性もあります。

では、ネガティブな転職理由を前向きなものにするためにはどうすればよいのか?

まず、「なぜ転職するのか?」
職場を探す前に、一度じっくり考え、整理してみましょう。

「転職するに至った理由」「何を基準にお仕事探しをしたいのか」「やりたくないこと」などを整理しておきましょう。「やりたくないこと」と言うとネガティブなイメージですが、発想を逆転させると、それ以外は「やってもいいこと」と考えることができます。

こうして整理と発想の逆転をしていく内に、「仕事でやりたいこと」「仕事内容や待遇で叶えたいことなど」「転職で実現したいこと」などが見えてくると思います。

いかがでしょうか?いつの間にかネガティブな転職理由が、前向きな転職理由になってきませんか?

ネガティブな転職理由を前向きに伝える方法がよくわからないという看護師さんは、転職のプロに相談してみましょう!弊社でサポートさせていただきますよ♪

転職サポートを利用する

ページトップへ